ブログ

indigenous blog

★写真集★ アセーナおばさんのバージンココナッツオイルづくり2

以前ご紹介した、フィジーの村で完全非加熱バージンココナッツオイルを作っているアセーナおばさんのお仕事ご紹介の第2回目です。
第一回目はこちら

1294585_740708016021025_7693485885611210051_o.jpg

削った生のココナッツの胚乳部分をぬるま湯とよく混ぜ込みます。この時の気温やぬるま湯の湯加減で発酵時間や程度が変わってくるので、アセーナおばさんの経験と感覚でうまく塩梅を決めます。アセーナおばさんは60代ですけど、腕は筋肉モリモリ、毎日元気で健康的です。同じ年齢の平均的なフィジー人女性よりもずっと若くてテキパキとした動きと、頭の回転の速さについて行けません。

1799187_740710259354134_2115689246663682311_o.jpg

よく混ぜ合わせたらしっかりと絞りココナッツミルクを作ります。
絞った後の果実からももう一度オイル絞りを行いますが、こちらはバージンココナッツオイルにはなりません。クッキング用オイル(加熱用)を作ります。

885515_740713516020475_118537067529698339_o.jpg

ココナッツミルクを丁寧に濾していきます。
このような丁寧な作業が最終のバージンココナッツオイルの質を左右して行きます。

★写真集★ バヌアツの子供たち

今回バヌアツで撮影してきました写真集をお届けいたします。
バヌアツは全人口の約半数が20歳以下の子供たちが占めています。日本の少子高齢化とは全く反対の社会問題となっていますが、行くところ行くところ子供たちがたくさんいて美しい笑顔を投げかけてくれました。

15228849493_b39a6be621_z.jpgphoto:Nguna島でタマヌの撮影をしている時に近くで遊んでいた子供たち。元気いっぱいカメラを向けるといろんなアクロバットを見せてくれました。

島にはお店などの生活必需品を購入する場所などはなく、首都のあるEfate島からボートでいろんな物品を購入します。島ではココナッツやその他のフルーツ、パンダナスの葉を手編みで紡いだマットやバスケット、工芸品などを本土に売る事で生計をたてています。

15847881532_b60017ef7e_z.jpgphoto:島でタマヌを独自で搾油して使っているというおばさんにお話を伺いました。島には搾油機がないためココナッツオイルの中に生のおろしたタマヌの実を投入して火にかけてから使うそうです。

島には、外国(EUやオーストラリア、ドイツなどなど)の支援で家畜事業のインフラや宿泊施設インフラなどが作られていますが、残念な事にほとんど機能していないという印象をうけました。島での暮らしは自然の恵みで満たされていて、多くの努力を割いて今以上の暮らしを目指すという発想がないのだと思いました。経済立て直しで苦しむ日本の事業家としての自分がちっぽけに思える複雑な思いもありました。

15823180246_be6765aca4_z.jpgphoto:村を案内してくれるガイドについて行くといつの間にか後ろに子供たちが列をなしてついて来ているw。

15226721824_39a7366055_z.jpgphoto:海辺の植物を使っていつのまにか可愛らしいティアラとベルトを作り上げていた女の子。さすが。

15848503585_a57fa03747_z.jpgphoto:心豊かな人々。必ず笑顔で挨拶してくれる、気さくに話をしてくれる。心洗われる旅です。

★写真集★ アセーナおばさんのバージンココナッツオイルづくり1

フィジーのバージンココナッツオイルを加工しているアセーナおばさんの工場にお邪魔してきました。おばさんは、首都スバの近くにある村で非加熱発酵分離法で丁寧な手作りココナッツオイルを教会を中心とした村のコミュニティーにて行っています。


15848764452_6a06975aee_z.jpg<photo: アセーナおばさんは現在61歳、孫といっしょに。しわもなくツヤツヤのお肌で元気いっぱい。バージンココナッツオイルを毎晩スプーン1杯飲むだけで元気よ!と教えてくれました。>

工場を作る以前は首都で公務員として33年間働いていたため、様々な情報やネットワークに精通しており、東南アジアのココナッツオイル製造現場などでも研修を積んでいて経験豊かな方です。そういった意味では普通の村で手作りされている素朴なココナッツオイルとは違った感覚でモノ作りを行っています。

まずは、製造工程をご紹介したいと思います。

10452954_740668486024978_5333864049869122041_o.jpg
特定の島から仕入れた良質のココナッツの実だけを厳選し、表面の汚れやひげを丁寧に取り除きます。ココナッツオイルの質はココナッツの実の質、処理の丁寧さで大きく左右されるため、こちらの加工場ではこのような時間のかかる作業も丁寧に行う事で良質のオイルを作る事ができています。

10644320_740668689358291_5388492195098214739_o.jpg
丁寧に処理されたココナッツを専用のナイフで二つ割りにします。中に芽が生えて来ているものは使用しません。ここで芽の生えているものを使用すると最終のオイルの質が悪くなります。二つ割りにした後は丁寧にグラインダーで一つ一つ削ります。

1512250_740668816024945_3431912801812505806_o.jpg
ココナッツはとても固いので、通常男性の仕事として行われます。
重くて固くて、大変な労働がかかりますので、手作りの丁寧な仕事で培われたプレミアムオイルは外国ではほとんど手に入りません。

<< 前ページ  最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 最初