ブログ

フォトギャラリー

フィジーのノニ、フォトギャラリー。

フィジーでみんなが大切にしているもの、それは、お互いを助け合う心と自然の恵みです。とくに、ノニはどの村の庭にも生えていて毎朝熟したノニを一個たべるというのはおばあちゃん達から子供達に伝えられる健康法の一つでもあります。

というわけで、今回は、フィジーで撮影したノニの写真です。
2901744940_a0c9f81148.jpg
こちらは、ノニの木。ブンダポイント付近にあるノニ農家さんデヴィッドのファームです。周囲には虫がブンブンとんでいるのにノニの木や葉、実はまったく害を受けていない様子。殺虫剤も肥料も必要なく1年中実をつけてくれるノニは土壌を汚さないエコな農作物と言えるでしょう。


2901740298_a51f0211c5.jpg


デヴィッドのところでは、ノニジュースを作っているため、苗木を増やしています。
ところで、ノニジュースの作り方は皆さんご存知ですか?
とても簡単です。
収穫されたノニはきれいにして瓶に入れます。2、3日すると自然に発酵してうすい茶色の液体が出てきます。発酵が進むと黒くなってきます。
はい、できあがり!ノニジュース100%の液体はノニしか入っていないはずです。
できたてのノニジュースはフルーツの味がします。プリミティブのノニソープも工場でできたての段階では、このフルーティーな香りがするんですよ。


2900907845_9dc4868f6a.jpg
輪切り。プリミティブノニソープのスクラブタイプの方には、この果実と種を細かく砕いたナチュラルスクラブが入っています。
これがまた気持ちがいいんです。


2900926063_d841be971c.jpg
デヴィッドのノニファームの夕焼け。


2900902635_9c1e5d76ee.jpg
小さな小さなノニの実。花が咲き始めてる。。


2900903343_9922a4b070.jpg
これでもまだ小さいノニの実。これから大きくなって、完熟すると自然に落ちます。生で食べるのが一番。でも癖がありますから日本人には微妙!?かな。フィジーでは毎朝食べなさいとおばあちゃんが子供に教えるそうです。元気の秘訣でしょうか。

フォトギャラリーを作りました。Vol. FIJI

フォトギャラリーを作成しました。Primitiveショップで販売している商品は、REBULAの現地訪問セレクションとオリジナル商品が中心です。ですから、現地の工場や製造者を訪れたうえで、目で見て感じていいものだな~と思ったもの、人と一緒に行う取り組みです。

第一弾はフィジー。
素晴らしい自然とやさしい人が特徴です。
4212255461_4c1ecaa87f_o.jpg
フィジーは330個の島からなる国です。リゾート地は環境保護のためもあり、一島一リゾートと決まっています。

2122611138_3dc6a0e297_o.jpg

首都SUVAにあるフィッシュマーケットです。カメラを向けたら笑顔をくれるおじさんたち。

2122758160_32a8ddb4dc_b.jpg

たわわに実るパパイヤ。もいで、黄色く熟したら食べごろです。

2901413400_8ff50f75e8_z.jpg

フィジースマイルは国の宝です。フィジーマジックと呼ばれる魔法は、一度訪れたらまたすぐに訪れたくなるフィジーの笑顔のことなのかもしれません。


こんな場所でつくられている民族の知恵と自然の融合、それがPrimitiveのノニソープです。




<< 前ページ  最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5